--/-- (--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう5年か6年も前になる話。


まだニコニコ動画もUSTREAMも無かった時代、
peercastというサービスを利用したP2P方式による生放送による動画配信で、
視聴者数1000人以上(※)を維持していた配信者「クソゲーの中の人」。

(※再生数ではなく、生の視聴者数。
  一般からするとマイナーなサービスで、且つ専用ソフトウェアのインストールが
  必要というハードルの高さにも関わらず、常時1000人以上が平日の日中に生で見ていた)


つい先週、当時録画した動画を我が家で夜通し鑑賞会したので、
当時を振り返ることにする。


「クソゲーの中の人」の配信をどう面白かったか文章で説明すると、
・センスの良い選曲
・ハイレベルのアクションゲーム操作、
・絶妙な音声・動画素材の利用

等々書けるが、たぶん↑のような文章だけじゃ全く伝わらない。
どうしようもないことを言うが、たぶん、生で見ないとダメなんだろうと思う。


選曲待ち、3分睡眠、実況スレ、タイプミス、セーブミス、ノーステート1-4、
カイレラ浮気、バッファッファ・・・ など、
アップロード系の動画配信でやったら、すぐにシークバーを右に動かされてしまう動画でも、
生では当然それができず、だからこそ、その蓄積されたものが「打開」によって
昇華されるのが心地よい。

そしてそれがまた24時間以上連続で配信され、自分が力尽きて寝落ちしてしまっても、
起きたらまだやっているという安心感。


・・・と、なんやかんや言っても、もう彼は引退してしまったようで、
且つ社壊人となってしまった自分は見れる環境ではないわけで。

ダッツさんの言うように、時間が無限にあった大学時代に見ることができた奇跡に
感謝するしかないんだろうなぁ。

だけど、また「マリオ打開⇒釈お酌⇒火の鳥⇒エレベーター⇒ちゅちゅらー」
の流れを生で見たいっすわ。老後に。
日記CM1. │ TOP▲
  
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
││07/13 11:49│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。